私は、未来を担う子どもたちには無限の可能性があり、一人ひとりが夢を持ち、力を十分に発揮して希望を叶えていくことができる教育が必要であると考えております。
 特に幼児期における教育は、生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであり、子どもたち一人ひとりの潜在的な可能性は、日々の生活の中で出会う環境によって開かれ、子どもたちの将来へとつながってまいります。
 そして幼稚園は、家庭では体験できない社会・文化・自然などに触れ、幼児期なりの世界の豊かさに出会う場でございます。
 こうした中で、市川市内の各私立幼稚園は私学の独自性をいかんなく発揮し、様々な特色ある教育を実践し、多くのすばらしい子どもたちを育んでこられました。
 市川市私立幼稚園協会並びに加盟園の皆様が、子どもたちの健全な育成にご尽力いただいておりますことに、心より敬意と感謝を申し上げます。
 今後、市川市で子育てをして良かったと実感していただけるよう、教育委員会とともに、より一層、幼児教育の振興に取り組んでまいりたいと考えております。
 おわりに、市川市私立幼稚園協会のますますのご発展と、加盟園の皆様のご健勝、ご活躍を祈念申し上げます。




   市川市市長 村越祐民

 


 

 

 市川市私立幼稚園協会には、市内の私立幼稚園27園が加盟し、各園は、創立時の 「建学の精神」に基づき、それぞれ時代のニーズに応えながら幼児教育に取り組んで います。
 2019(令和元)年10月から幼児教育・保育の無償化が始まりました。 この制度は、保護者の皆さんの経済的負担を軽減し、子どもの健やかな成長を願う ものです。
 本協会加盟園は、子どもたちの現実に寄り添い、子どもたちが最善の利益を得るた めにはどうすべきかを考え、子どもを中心に据えた教育活動を心がけ「今日よりも明 日」子ども一人ひとりが未来に向かって大きく成長できる幼稚園でありたいと考えて います。
 また、幼児教育環境の整備については、市川市をはじめ千葉県や各関係機関と連携 して取り組み幼児教育のより一層の充実を図っていきたいと考えています。 なお、本協会HPから各園の紹介が閲覧できます。各幼稚園の教育内容等をご覧い  ただき、ご理解・ご協力下さるようお願いいたします。

 

市川市私立幼稚園協会 
会長 奥野木正彦
(大町不二幼稚園 園長)